会話のおかげで救われること

二連休があっという間に終わった。どれくらいあっという間だったかというと、カップラーメンの待ち時間ぐらいだった。ぼんやりとしながら、アニメを見ながら、作曲をしながら、ただただ過ごした。たくさん睡眠をした。

 

実家で暮らしていると、基本休日は外に出ない。友達が少ない。ブラインドを開けない。蛍光灯だけに照らされて一日が終わる。塞ぎ込む。やるきがでない。その循環。

偶然ながらにスカイプで友人のラムネくんがはなしかけてくれた。デモを少し聴かせてもらう。いつもと同じようにやるきがでる。彼はほんとうに音楽が好きだなあ。やるきをもらえたおかげで、二週間ぶりに一生懸命、兎の歌を書いていました。

 

チャーハンをひさびさに食べたら、やたらと美味しかった。冷凍食品だけど、冷凍食品界もどんどん進化を遂げているのだろう。まるでお店でたべるがごとく美味しさだった。どんどん潰れる中華料理屋さんを圧迫する、お手軽五分の冷凍チャーハンはさいこうだ。むしろ味が劣っていても家で気軽に食べたほうがうまい。日本人はインドア派なのだ。日本人というかぼくはインドア派なのだ。引きこもりなのだ。お金さえあれば仕事なんてしないのだ。ああ、明日めんどくせえ。

 

自分のクズさを胸を張って自慢したところで今日はここまで。

明日もブログを書きます。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    はる@ (日曜日, 20 1月 2013 22:58)


    ちょっと素敵な休日ですね。

    明日からまたおしごと頑張ってください!