結局欲しかったものは

今晩は。Yonoです。

 

結局欲しいものとか、なりたいものとか、あこがれとか。

そういうのって、そこに向かって歩いてはいけるけど

一生、自分を肯定や認めることはなく、必死にさえやっていれば

誰かから「すごいね」って言ってもらえたその一秒だけ嬉しくて

嬉しい間だけが、憧れになれた瞬間だったりするのかと思ったり思わなかったりしたら。八月になっていました。やばい。

 

楽器の練習をしたり。漫画を読んだり。ゲームをしたり。

小説を読んだり。寝たり。仕事をしたり。お菓子を食べたり

歩いたり。嫉妬したり。嫉妬したことに後悔したりしながら

毎日をがんばっています。

 

どんな感情も昔より更に長続きしないようになっているようにおもいます。

単純に毎日の速度があがったのかわかりません。

悲しいって感情も嬉しいってのもぱっぱっぱと紙芝居みたいに

おまえさっきまで嘆いてたのに爆笑してんじゃねえかって

誰かにツッコまれそうなくらいに恥ずかしげもなく変わっていっています。

 

人間変わらないものなんて名前と基礎要素くらいなんだから

あえてどんどん変わっていけたらとポジティブに考えてみたいもんです。

変わらないもんなんてないんだから、ネガティブに捉えて

昔ばっかり嘆いています。

 

その中間あたりでふわふわしてます。

 

やれることをやれるタイミングで

できることをできるだけ

とりあえず真摯に。生きていこうと思っている昨今です。

またあした。